What is Minimum Viable Product (MVP) and why you should care

Very simple bookmark made from Origami

はじめに

実践チームの作り方、実践チームにおけるプロダクトマネージャーの役割とは?

(左からモデレーターのインプレス 田口潤様、パネリストのJR東日本 松本貴之様と日本事務器 松島政臣様、そして私の4名で行われました)

イントロダクション

パネルディスカッション

アジャイルチームのデザイナーコラム vol.3

実際のプロジェクトの IPM の様子

アジャイルなチームはサステナブルであり、フレキシブルでもある

なぜ今、アジャイルなチームが求められているのか?

ケーススタディ:Zappos を成功に導いたチームの取り組み

まとめ:アジャイルなチームにおけるデザイナーの在るべき姿とは?

関連記事

マネジメントの立場から見た Lean XP の現場

プロジェクトの最終日、おつかれさまでした!

マネジメントの立場から見た Lean XP の現場

話し手は左から:Onoさん、Takaさん(PM)、Itoさん

ウォーターフォール型開発からリーン・アジャイル式開発にシフトするまで

プロダクトの提供価値を言葉でシンプルに説明する方法

(その)プロダクトの価値ってなんですか?

そもそもなぜ具現化する必要があるのか?

Customers don’t care about your solution. They care about their problems.(ユーザーはソリューションに興味はない。ユーザーが興味があるのは、自分自身がどのような問題を抱えているかである。)

どのように言語化すべきか?

プロジェクトチームでバリュー・プロポジション・ステートメントのアイディアを考えている様子。後ろでカメラに向けに笑っているのはぼくと Pivotal Labs のもう1人の PM です(笑)

つくった後はどうするべきか?

すべてのアイディアにチャンスを!

第一歩は一人に閉じないこと

Pivotal Labs Tokyo ではホワイトボード、ポストイット、ペンがオフィスの至るところに置いてあります

多様性だいじ、は本当にだいじ

不公平な扱いをなくす公正なデザインプロセス

Pivotal Labs が大切にしている公正性を保つための取り組み

Medium Japan として歩んだ2年間の道のり

Medium との出会い

1) 書くことが好き

2) 読むことが好き

3) ストーリーが好き

Mario Kazumichi Sakata

UX Director @ Chatwork. Ex- Pivotal Labs, Medium Japan

Get the Medium app

A button that says 'Download on the App Store', and if clicked it will lead you to the iOS App store
A button that says 'Get it on, Google Play', and if clicked it will lead you to the Google Play store